一回目の過ちは、誰しも避けられない。大事なことは、改善し、改めなさい、という教えです。

儒者の 青柳 浩明 先生の講話を聴き、感じたことは、周囲に失礼なことをした際に、タイミングよく、お詫びをし、態度を改めることは、とても勇気のいること。
なかなか行動に移せづらい箇所です。
しかし、すぐに改めたり、行動に移すことの大切さに気づかされました。

これからは、周囲に失礼な言動をしたとわかった際には、あとに伸ばさずに、冷静な気持ちを維持して、勇気ある行動をとります。

Processed with MOLDIV

(儒者)

レポート:副専任幹事 小林章人