■講師 櫻田弘文 氏(株式会社クエストリー 代表取締役)
■テーマ 『ブランドとは何でしょうか?』

ブランドってどんなこと!?

たしかしに、、、
ブランドってどうやったらなれるんだろう。って不思議に思いませんか?って改めて問われると、ブランドってどうやって生まれるんだろう。
『今日からこれがブランドです!』 って言い切る?
もしくは
『あなたのこれはブランドです!』 って他から認められること?

そんなことを思いながら聞き始めました。

中小企業の抱える、本当の経営課題とは?
櫻田さんは、「不況や震災、増税や価値観の変化以上に、”同質化競争”の渦に巻き込まれていることです」
2000年ぐらいまでは、この方法でもみんなが同じように存続出来てきました。

が、今の時代はそうではありません。

厳しい経営環境は”物事の本質に光をあてる絶好のチャンス”です。
それが今!なんですよ!

さあ、古い固定概念を思い切って捨てましょう!
それをしやすいのが今です!

倫理でいう、12条『捨我得全』ですかね?

今までの戦略は資本力・体力のある方が有利  それは大企業のやり方です。

これからの中小企業の進むべき道は!

他がやらない、出来ないステージで、自社にしかない価値に光を当てること。
それをまず発見し、選ばれる理由(企業)と選ぶ理由(お客様)をはっきりとわかるようにし、
ちょっと他とは違う!のではなく、強烈にファンになっていただき、維持していけるものを作ること。

それが、ブランドへの第一歩になるはずです。

なるほど なるほど。。。

そのサービスを受けた人が、満足感や優越感を感じれるようなものを提供すること。
これは我が社には何があるだろう。

自社の中にいては分からないことばかりなので、今サービスをうけてくださっているヘビーユーザーに聞いてみたらいいんだ。

何がいいですか? どんなところがいいですか? ってね

このあともとてもいいお話が続きました。
とても45分間では物足りない講話でありました。

ここがわ明確になってから、講話の続きをまたお願いしたいなぁ~っと思ったのでありました。

第二の講話の朝食会ではもっと深堀りした内容の会話が飛び交っていました。

最後に、櫻田さまからの一言
『数多くのところで講話させていただきましたが、こんなに深いフィードバックを頂けたのは初めてでした。』

とおっしゃってくださいました。

杉並西も倫理法人会の中で 『ブランドになる!』単会になりたいと思いました。

Don’t Think,feel

とても心に残る言葉でした。
ありがとうございました。

レポート:副専任幹事 忰山舞