■講師 山田長司 氏(一般社団法人倫理研究所 理事/ミニメイド・サービス株式会社 代表取締役)
■テーマ 『栞にはビジネスのヒントがたくさんある』

141101a過去において、山田社長の会社に勤務している社員さんに聞いた会社の評価であるNSIのスコアは、58点。決して、高い数値ではない。
社員が、社内に不満を感じて仕事をしているという状況にあった。

NSIとは、『 Net Satisfaction Index 』 のことであり、満足度指標、顧客満足度を意味する。このNSI値が高いと、その会社に携わっている社員、お客様の満足度が高いということ。

山田社長は、社員の感じている声を拾い上げる努力を行う。
具体的には、社員の感じている社内状況のワースト3を改善点として取り組みはじめ、社内状況を改善していく。

その結果、現在の社員のNSIのスコアは、83点 にもなっている。
社員の満足度をあげるということは、社員が仕事を通じて喜びを感じていること。

社員が仕事を通じて喜びを感じるのは、社長に誉められたときではない。
自分の仕事をお客様に認められたとき。

今回の山田社長のご講話を拝聴しました感想は、社員の満足が満たされた結果、お客様満足が生まれるということです。

これから先、人手不足という場面がいろんな会社で起こりうる話しですが、社員の喜びを感じる瞬間をたくさん作れる会社が社員の定着率を高くする会社になる。

山田社長のように、魅力ある会社つくりを目指します。

141101d 141101b

レポート:副事務長 小林章人