気づくのは自分

あきる野市倫理法人会で現在専任幹事をしている矢口完さんは、若い頃かなり”やんちゃ”なことをしていたそうで、色々な人から指導・補導をされたそうです。
その後会社勤めをしていましたが、縁あって独立することになり、店舗を持つことにしました。
順調に業績が上がっていったところでリーマンショックで売上が激減し、またたく間に債務超過に陥りました。
そんな頃に倫理法人会に出会い、理念の重要性を知ったことで改めて会社や社員さん、さらには家族との関係性を見つめ直しました。そうすることで経営を立て直すことができました。
でも矢口講師は倫理が救ってくれたのではなく、あくまで「守れば幸福になる」純粋倫理という生活法則を知り、自分の歪みに気づくことができたからであり、だからこそ調子が悪い人がいるからといって安易に誘うことはしないということでした。調子が悪い原因を見つけることができるかもしれないが、見つけるのはあくまで本人次第だということでした。
これは実際矢口講師自身が会社が調子悪くなった時に「会社を良くしたい」と考え入会したが、入会当初はあまり積極的に学んではいなかったことから何も変わることはなかったそうです。

最後まで話を聞く

また、矢口講師はあきる野市倫理法人会の2代目の会長になりましたが、就任1年目に会社で大きな問題が発生し仕事も手に付かないという事態になったそうですが、倫理以外のところは行かなくなっても倫理だけは毎週出ていたそうです。
それは、倫理を学んでいる人はどんなことでも「受け入れる」ことを学んでいるからであり、だからこそ倫理だけは続けてこられたということでした。
さらに、2年目には父親が大病を患い生死をさまよう状態に陥ります。その頃はまだ100社になっていなかったあきる野市倫理法人会を100社にしなければならず、会社も何とかしなければならないという状態でした。ところが、会長として課題に対して真摯に向き合い、頑張ったことで100社になっただけでなく、その設立式典の当日に生死をさまようほどの状態だった父親が退院するという連絡をもらいました。矢口講師は何がそうさせたのかはわからないが、倫理をやっているからこその体験だろうということでした。
不思議な体験はそれだけにとどまらず、その後東京都の副会長に指名された時にも思いがけないことが起こりました。それまで会社の業績が徐々に良くなってはいましたが掲げた目標が達成できない状態にあった会社のことがあり、東京都の副会長を引き受けるに当たって「倫理指導」を受け、会社の業績についての相談をしました。すると指導員からは「奥さんの話を最後まで聞いて下さい」と言われました。
それで業績が良くなるなら易いものだと、それからは奥さんから言われることは嫌なことでも最後まで話しを聞くようにしました。すると不思議な事に、それまで一度も目標達成できなかったのに半期の目標を達成できました。それ以前に「目標達成できたら海外旅行に行く」と社員さんに宣言をしていたそうですが、これまでのことを考えるとなぜその時は達成できたのかはわからない。その後は同じ様に褒賞を掲げることを確かにしていて、だから皆が頑張っているからではあるのですが、やはり目標を達成できるようになったということです。

鬼に金棒

ある時矢口講師はあるところで仕事における「鬼に金棒」についての話を聞きました。
①大きな鬼と大きな金棒②大きな鬼と小さな金棒③小さな鬼と大きな金棒④小さな鬼と小さな金棒、この組み合わせで一番「強い」のはどれかというもの。当然①が一番「強い」わけですが、その理由は意外なものでした。
鬼とは理念や志のことであり、金棒とは商品や技術、テクニックのこと。つまり鬼とは働く人の心の持ち方を示しています。どれだけ売れる商品やテクニックを持っていようともそれを活かすだけの大きな志、いかに人の役に立つことを望まなければ得るものは少ない。逆に大きな夢や希望を持っていても、それを実現させるだけの能力がなければ言うばかりの絵空事になってしまう。
矢口講師はこの話を聴いた時に、これは正に倫理であり、倫理経営のことだと考えました。「万人幸福の栞」の中に書かれた生活法則では、仕事だけでなく何事においてもうまくできないのは自分がやらないからであり「やればできる」とし、同時に自分のわがままを捨てて人の喜びのために働いた時に初めて己の喜びを得ることができるとしている。どちらも、ある一方ばかりが大きくなるだけでは駄目で、バランスが大事であることを教えています。

講師プロフィール

有限会社オートアロウ 代表取締役
東京都あきる野市倫理法人会 専任幹事
法人レクチャラー
矢口 完氏

1966年10月2日生まれ(52歳) 趣味 マラソン
23歳で自動車業界に入り30歳の時に独立(創業1997年)
1999年9月に有限会社オートアロウを設立
東京都あきる野市と東京都西多摩郡瑞穂町で自動車展示場と認証工場が併設されている
2店舗体制で現在営業中

所属団体及び経歴
昭島青年会議所21代理事長(2005年)
昭島JCシニアクラブ 副会長
東京昭島ロータリークラブ 副幹事
日創研西東京経営研究会 副会長
倫理法人会歴
2009年7月あきる野市準入会 幹事
2010年9月 副会長
2011年9月 会長(2期)
2013年7月 100社達成(正法人会設立)
2013年9月 相談役 東京都多摩地区 副地区長
2014年9月 東京都副会長(2期)
2016年9月 相談役
2018年9月 専任幹事