親への感謝

鏑城正則講師が倫理法人会に入会したのは平成13年。
鏑城講師は大学卒業後、薬剤師として病院に勤務しますが、後に父親が創業した薬局に入社しました。入社当初は合理的な経営を目指していた鏑城講師と父親は対立していました。
そんな時に倫理に出会い、学びを通して親の大切さを有難さを知ることとなり、事業を継がせてもらえたことに感謝することができました。

元は町の薬局であったところを、父親の希望もあって鏑城講師は年商1億を目指してドラッグストアとして拡大させました。店舗数も最大5店舗まで増えましたが、徐々に減少傾向に陥り、資金繰りに苦しむようになります。
そんな時に、やはり倫理法人会の会員でもあった経営コンサルタントの方に指導を受け、一時は自殺まで考えるほどのどん底から這い上がることができました。

問題を受け入れる

ただ、今年に入ってから突然薬剤師2名が退職して独立することを申し出てきました。それも同じエリア内で出店をすること、さらに大きな得意先を無償で譲ってほしいと言ってきました。
普通なら揉めるところですが、鏑城講師は倫理を学んでいるだけに、「問題の原因は自分にもある」と考え、対立するのではなく条件交渉をすることにしました。
相手側はそれでも折り合わなかったため、鏑城講師は倫理指導を受けて相談することにしました。そこで鏑城講師に対して現在の課題を伝えつつも、決め事を破っているのは相手なのでうまく行かないだろうということでした。すると、しばらくして2人が離れて出店もしないことになったことを知らされたということでした。

今では父親だけでなく、奥様も子供も倫理を学び実践する鏑城講師の姿を見て、お互いに倫理を通してのコミュニケーションを取るようになり、鏑城講師は幸せな人生を送れていると言います。倫理に出会えたことに心から感謝し、これからも実践をし、多くの人に伝えていきたいということでした。


[講師プロフィール]

府中・調布倫理法人会 会長
株式会社アポロン 代表取締役
鏑城 正則

1982年  明治薬科大学卒業 薬剤師
その後、東京大学病院薬剤部研修生、藤本薬局勤務
1986年  是政薬局勤務、アポロン薬局へ名称変更
1995年   株式会社アポロン代表取締役社長
2001年8月 府中市倫理法人会入会
幹事、副事務長、事務長、東京都研修副委員長、会長、副会長
2016年9月 府中調布倫理法人会 会長